低身長 SGA

SGA性低身長症について|原因と診断前の自己チェックの方法

低身長症とは子供の身長が平均的な成長曲線と比較した時に明らかに低くなる症状です。その原因はいくつか考えられますが、その中の1つとして挙げられるのが今回紹介するSGA(Small‐for‐Gestational Age)性低身長症になります。

 

Small‐for‐Gestational Ageを日本語に直訳すると「妊娠期間中の子供の大きさが小さい」という意味です。同じ期間だけお母さんのお腹の中にいた他の赤ちゃんたちの平均的な身長・体重と比較した時に赤ちゃんが生まれてきた時(出生時)の身長・体重が小さいことを意味します。

 

お母さんのお腹の中にいる期間は在胎週数と呼ばれており、この在胎週数に応じて身長・体重の標準値が設定されています。同じ在胎週数の標準値に比べて赤ちゃんの身長・体重が小さい場合にSGAとなるわけです。すなわちSGA性低身長症の原因は出生時のお大きさが小さいことによります。

 

一般的には出生時にSGAであった子供達の約9割は3歳までには標準値に追いつきます。つまり、3歳になっても標準値よりも身長・体重が小さい場合にはSGA性低身長症を疑った方が良いかもしれません。仮にSGA性低身長症であったとすると、小学生以降も標準値より小さい身長・体重で成長する可能性があり、成人になった時点でも標準値より小さいままの可能性も考えられます。

 

 

自分の子供がSGA性低身長症かもと思った時に実際には病院での診断を受けるわけですが、簡単な自己チェックの方法もあります。子供さんの生まれてからの身長・体重の変化を記入したグラフ(成長曲線)を書くことがそれです。母子手帳にはあらかじめ標準的な成長グラフが記載されていますので、自分の子供の身長の変遷と比較します。これを行った上で、2,3歳になった子供の身長が標準値よりも-2SD以上低いようであればSGA性低身長症の可能性が考えられます。なお、SD(Standarde Deviation)とは日本語では標準偏差と呼ばれている数値です。標準値に対して比べた数値(この場合では子供さんの身長)がどれくらい離れているかを示している数値となります。

 

自己チェックの結果、自分のお子さんにSGA性低身長症の可能性があるのであれば、速やかに病院に相談しましょう。仮にSGA性低身長症と診断を受けた場合にはその治療として成長ホルモンを投与することになるのですが、この治療の効果は一般的には思春期以降になると期待するような成果が出ない可能性が高まるからです。

 

成長ホルモン投与による効果は一朝一夕で現れるものではありませんので、思春期まで継続して行われる息の長い治療であることを覚悟しなければなりません。そうなると気になるのがSGA性低身長症の治療にかかる医療費でしょう。SGA性低身長症と診断された場合にはその治療費は健康保険の対象となりますので、かなり経済的な負担は和らげられます。さらに健康保険以外にも経済的な支援制度がいくつかありますので、自治体や病院の窓口で一度相談してみると良いでしょう。

関連ページ

骨を伸ばして強くするために欠かせない成分をお伝えします
ボーンペップという卵から発見された成分をご存知でしょうか。子供達の成長と密接に関係するボーンペップについて概略を紹介します。
ボーンペップの効果って?骨の伸長や丈夫になるのに関係あるって本当?
ボーンペップは子供の成長と関係していそうですが効果は具体的にはどのようなものなのでしょう。気になるボーンペップの効果について詳しく解説します。お子さんの背を高くするためには非常に強い味方になってくれますよ。
これらを食べることで背が高くなることが期待できます
身長を伸ばすのに適した食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか。それに含まれる栄養素の効果から身長を伸ばすためにぴったりの食べ物についてお伝えします。
背を伸ばすためにはどのような物を食べれば良いのでしょうか?
低身長症と呼ばれる症状の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。低身長症と言っても実はその原因は様々ですので、原因に応じた適切な対応が重要となっています。どのようなものがあってそれにふさわしい対応策はどのようなものなのかを紹介します。
毎日のちょっとした心掛けでお子さんは大きく育ちます
背を高くする方法ってどんなものがあるのでしょうか。毎日のちょっとした心がけがお子さんの背を高くする方法だったりします。5つの重要なポイントをお伝えしますので、日々の生活を送る上で参考にしてみてください。
成長ホルモン分泌不全性低身長症とは?その特徴と治療法を紹介
子供達の低身長の原因はいくつか考えられ、病気が原因となるものとそうではないものがあります。病気が原因となるものの1つとして挙げられる成長ホルモン分泌不全性低身長症の特徴とどのような治療を行なっていくかを紹介します。