低身長 成長ホルモン

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは?その特徴と治療法を紹介

こどもたちの低身長の原因となる病気の1つが成長ホルモン分泌不全性低身長症です。その名前の通り症状としては、こどもたちの成長には必須となる成長ホルモンの分泌が十分でないことによって低身長となるものです。

 

成長ホルモンとは脳にある下垂体と呼ばれる部位から分泌されるホルモンです。成長ホルモンはこどもたちの骨・筋肉・内臓各器官といった体を形成する上では欠かせない部位の成長を担っています。つまり、健やかにこどもたちが大きくなるためには絶対に欠かせない成分です。こちらのホルモンのもう一つの働きとして思春期には大人の体つきになる身体的な成熟にも関与しています。小さい頃に成長ホルモンの分泌が不十分な場合には身長が伸びるためには欠かせない骨の伸長が不十分となり、結果的に身長が低くなってしまう可能性が考えられます。

 

なぜ、成長ホルモンの分泌が十分になるかですが、原因がはっきりとしていない「突発性」のものと、「器質的なもの」と呼ばれる病気や怪我が原因となるものに分かれます。器質的なものの例としては、以下のものがあります。

 

・下垂体及びその周辺にできる腫瘍(例:頭蓋咽頭腫、肺芽腫など)
・事故などによる頭部への外傷
・先天的な遺伝子の異常・奇形など
・骨盤位分娩などの出生児の異常

 

こうした病気の6?17歳までの発症頻度は男子は1万人あたり2.14人、女子は1万人あたり0.71人となります。突発性のものとしては男子の方が多く見られるという報告されています。

 

 

出生時には標準の身長だったのが、1歳になったころから平均を下回るようであれば突発性の成長ホルモン分泌不全性低身長の可能性があります。母子手帳などにある成長曲線を書いてみると良いでしょう。その結果として、2歳以降になって標準値との差が更に広がるでようであれば、さらにその疑いは強くなります。一つの目安として子供の身長が標準値よりも-2SDとなるようであれば、成長ホルモン分泌不全性低身症の可能性を疑って、病院の診察を受けることをおすすめします。

 

実際に病院に受診した場合には最初に基本的な検査を行います。例えば、身長測定、血液検査、レントゲン診察、問診、診察などです。これらの検査結果を分析した結果として成長ホルモン分泌不全性低身症の可能性が否定できない場合には精密検査を受診することになります。精密検査では成長ホルモン分泌刺激試験と呼ばれるホルモンの分泌量を計測する検査が行われます。ホルモン分泌を促進する薬を投与して、一定器官ごとにどれだけの成長ホルモンが分泌されているかを血液検査によって計測します。この検査は数日ごとに行われますので、試験全体の期間としては長期に渡ります。検査の結果、成長ホルモン分泌不全性低身症と診断されたら成長ホルモン治療が施されることとなります。

 

関連ページ

骨を伸ばして強くするために欠かせない成分をお伝えします
ボーンペップという卵から発見された成分をご存知でしょうか。子供達の成長と密接に関係するボーンペップについて概略を紹介します。
ボーンペップの効果って?骨の伸長や丈夫になるのに関係あるって本当?
ボーンペップは子供の成長と関係していそうですが効果は具体的にはどのようなものなのでしょう。気になるボーンペップの効果について詳しく解説します。お子さんの背を高くするためには非常に強い味方になってくれますよ。
これらを食べることで背が高くなることが期待できます
身長を伸ばすのに適した食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか。それに含まれる栄養素の効果から身長を伸ばすためにぴったりの食べ物についてお伝えします。
背を伸ばすためにはどのような物を食べれば良いのでしょうか?
低身長症と呼ばれる症状の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。低身長症と言っても実はその原因は様々ですので、原因に応じた適切な対応が重要となっています。どのようなものがあってそれにふさわしい対応策はどのようなものなのかを紹介します。
毎日のちょっとした心掛けでお子さんは大きく育ちます
背を高くする方法ってどんなものがあるのでしょうか。毎日のちょっとした心がけがお子さんの背を高くする方法だったりします。5つの重要なポイントをお伝えしますので、日々の生活を送る上で参考にしてみてください。
SGA性低身長症について|原因と診断前の自己チェックの方法
SGA性低身長症とは子供達の身長が伸びない症状の1つに分類されます。SGA性低身長症とはどういったもので、その原因は何か?