ボーンペップ

骨を伸ばして強くするために欠かせない成分をお伝えします

みなさんボーンペップという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがない、聞いたことはあるけど何かはわからないという方のためにボーンペップの成分をご紹介します。
ボーンペップとは、卵黄から発見された骨の成長を助けるペプチドたんぱく質です。骨を成長させる細胞を活性化させ、カルシウムと一緒に摂取することによって骨密度を高める働きを持ちます。さらにボーンペップの健康効果として、骨の伸長をサポートする効果、骨密度を高める効果、丈夫な骨をつくる効果の3つがあげられます。ボーンペップは戦術したように卵黄から発見され、働きが注目されました。ヒヨコの成長の早さに注目され、その卵に含まれる成分を研究したところ、卵黄に含まれるペプチドが骨の成長を促進しているという結果が現れました。骨にちなみ、骨(bone)ペプチド(peptide)からボーンペップと名づけられました。

 

次にボーンペップがどのように骨の成長や強度を保つために働くかをご紹介します。骨の成長や丈夫な骨を形成するためにはいくつかの要因が関わっています。特に重要視されているのは、十分なミネラルの摂取、骨の形成を促すビタミンの摂取、骨に対して適度な負荷を与える運動をすることです。骨の健康のための栄養素は、カルシウムやビタミンD、コラーゲンが一般的で、カルシウムは特に骨をつくるために非常に重要な栄養素です。ボーンペップとカルシウムを一緒に摂取することで、骨をつくり骨密度を高めるという非常に優れた性質を持っています。

 

最後にボーンペップが子どもの成長にどのような関係があるのかをご紹介します。まず1つ目に骨の伸長をサポートする効果があります。ボーンペップには骨端で骨をつくる細胞を増やしてその細胞を活性化させる働きがあります。成長期の子どもは大人に比べて特に骨をつくる細胞の新陳代謝が活発で骨が伸びやすくなるため、カルシウムとボーンペップを一緒に摂取することでより骨の成長が期待できるのです。2つ目に骨密度が高まる効果です。ボーンペップには骨を壊す細胞を減らすことで骨密度の割合を維持、そして高める効果が期待できるのです。そして3つ目に丈夫な骨をつくる効果です。ボーンペップには骨の強さを高めるといった効果もあるのです。骨は身体を支えカルシウムの貯蔵庫となりますが、そのほかにも内蔵を守るという役割ももっています。何度も言っていますが、カルシウムとボーンペップを一緒に摂取することは成長期の子どもだけでなく骨を丈夫に保ちたい私たち大人にとっても役立つと思います。是非、お試しくださいね。

関連ページ

ボーンペップの効果って?骨の伸長や丈夫になるのに関係あるって本当?
ボーンペップは子供の成長と関係していそうですが効果は具体的にはどのようなものなのでしょう。気になるボーンペップの効果について詳しく解説します。お子さんの背を高くするためには非常に強い味方になってくれますよ。
これらを食べることで背が高くなることが期待できます
身長を伸ばすのに適した食べ物とはどのようなものがあるのでしょうか。それに含まれる栄養素の効果から身長を伸ばすためにぴったりの食べ物についてお伝えします。
背を伸ばすためにはどのような物を食べれば良いのでしょうか?
低身長症と呼ばれる症状の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。低身長症と言っても実はその原因は様々ですので、原因に応じた適切な対応が重要となっています。どのようなものがあってそれにふさわしい対応策はどのようなものなのかを紹介します。
毎日のちょっとした心掛けでお子さんは大きく育ちます
背を高くする方法ってどんなものがあるのでしょうか。毎日のちょっとした心がけがお子さんの背を高くする方法だったりします。5つの重要なポイントをお伝えしますので、日々の生活を送る上で参考にしてみてください。
SGA性低身長症について|原因と診断前の自己チェックの方法
SGA性低身長症とは子供達の身長が伸びない症状の1つに分類されます。SGA性低身長症とはどういったもので、その原因は何か?
成長ホルモン分泌不全性低身長症とは?その特徴と治療法を紹介
子供達の低身長の原因はいくつか考えられ、病気が原因となるものとそうではないものがあります。病気が原因となるものの1つとして挙げられる成長ホルモン分泌不全性低身長症の特徴とどのような治療を行なっていくかを紹介します。