成長期 遅い

自分の子供の成長期は遅い?まずは一般的な情報を確認しましょう

みなさんは自分の子供の成長期が遅い、または早いなどと考えたことがありますか?そもそも成長期とは思春期の数年間のことを言います。一般的に思春期は11~18歳くらいと言われています。つまり11~18歳の時期となり、一般的には中学生が成長期となる子が多いのですが、早い子どもでは小学校高学年からはじまり成長期の遅い子どもでは高校に入ってから成長期がくることもあります。

 

さて、思春期(成長期)には身体の変化以外に心理的な変化も起こります。自分の身体の急激な変化によって強い戸惑いを覚えます。また、親との距離を置きたがるのも思春期の特徴です。今までと違って自分を客観的に見ることが出来てくるため、教師や親、まわりの大人に対して何かと批判的な態度や言葉を使うようになります。周囲からの干渉を嫌いますが、放っておかれると見放されたなどといった感情がわいてきます。この時期は言葉と行動が矛盾してくるのが大きな特徴です。そして友人に対しての態度も少なからず変化してきます。この頃になると親よりも友だちを優先するようになってきます。しかしその一方で、「表面上は笑っているけど、本当は自分のことをどう思っているかわからない」などといった疑いを持ち始めます。親よりも一緒にいる友人ですから、その関係にヒビが入り何かと悩むことも多くなってきます。異性への関心が高まるのもこの時期です。好きという感情が芽生え、情緒不安定になりやすくなってきます。「なぜ○○する必要があるのか」などといった疑問が生まれてくるのも思春期の特徴です。

 

身体の構造からいうと骨端線(こったんせん)がるから身長が伸びるので、骨端線がある時期を成長期ともいえます。一般的に10歳~17歳頃に現れるといわれています。この骨端線とは、大腿骨などをレントゲン撮影したときにみられる長骨の先端の部分、間接に近いところにみられる隙間のことをいいます。身長が伸びる時期は骨が伸びる時期であり、つまりは骨端線が増殖する年齢が成長期ともいえます。一般的な時期よりも骨端線が現れるのが遅いために成長期が遅いという可能性もあります。身長が伸びる時期に身長を伸ばしたいと思ったら、骨端線の軟骨組織を増殖させることが一番効率的だともいえます。身長が伸びる時期に骨端線にある軟骨組織をどれだけ増殖させられるかで、身長が変わってきます。成長ホルモンを増やすこと、骨をつくる源である栄養素をたくさん摂取することが何より重要なのです。しかし先述したように個人差がありますので、自分の子どもは成長期が遅いのではないかと焦る必要はありません。成長期がくるのが早い子どももいますし逆に成長期の遅い子どももいますので、お子様が育ちやすいような環境を自分自身もゆったりとした気持ちでつくってあげてくださいね。

関連ページ

成長期に必要な栄養素を紹介|その効果は?どんな食材に含まれる?
成長期に欠かせない栄養素とは一体なんでしょう?どのような食材に豊富に含まれているのかをお伝えすると共に好き嫌いがあってこうした食べ物が摂取できないお子さんでも成長期に欠かせない栄養素を摂る方法についてもお伝えします。
成長期の男の子の特徴と親として気をつけたいこと
成長期の男子に特有の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか。肉体的・精神的なこれらの変化について紹介すると共に成長期の男子を持つ親として普段から気をつけていきたいポイントをお伝えします。